情報発信ビジネスにおけるYouTubeの正しい活用法

こんにちは。 ろしおです。

YouTubeでビジネスというと真っ先に浮かぶのは
アドセンス(広告収入)でしょうか?

確かに目立ちますが、
情報発信ビジネスで活用する場合はその限りではありません。

今回はYouTubeの正しい活用法を知り、
着実に稼げるためのビジネスを確立するための方法を解説していきます。

YouTubeビジネス=アドセンス?

冒頭でもお伝えしましたが、ビジネスにYouTubeを活用するのなら
アドセンスである必要はありません。

むしろ、アドセンス頼りのビジネスはおすすめしていません。
以下にその理由を解説していきます。

※先に言っておくと好きでやる分なら問題ありません。

当たるとデカいが不安定

理由としてはこの一言に集約されますね。
そもそも当たるかどうかも運任せな部分があるため、
そういった部分も不安定と言えるかもしれません。

より具体的に言うと、

1再生辺りの収益が変動する。

2年ほど前になると思いますが、当時のネット記事で
アドセンス収入が先月まで20万だったのが4,000円に落ちてしまった。
という事例を見かけたことがあります。

この問題の焦点は収益が下がってしまった事そのものよりも、
再生数は変わりないどころかむしろ上昇傾向にあったのに、
1再生辺りの収益が急に下がったことが原因という点です。

それほどの大暴落が頻繁に起こっているとは思いませんが、
アドセンスが不安定と言える一つの理由でしょう。

思わぬところで収益が停止される

アカウント自体が消されなくとも、
収益だけが停止される事例は思っているよりも多いです。

僕自身がプライベートで見ている動画の中でも実際にあり、
理由として多いのが、「どの動画も画面が似ている」と言った内容です。

YouTubeではコピー動画を投稿することは禁じられているため、
その基準から似たような画面の動画が多く投稿されていると、
AIがコピー動画と判断して収益が止められる という仕組みらしいです。

更に厄介なのはこの措置を受けた場合、
収益化を再申請するのに1ヵ月の期間を開けなければならないという事です。

これにより、収入源がアドセンス頼りだった場合、
最低でも1ヵ月は収入がほとんど無くなってしまうという状態に陥ります。

情報発信でのYouTube活用法

上記の理由からアドセンス頼りのビジネスをおすすめしないことが分かったかと思います。
では、正しい活用法はどういったものかというと、

集客経路として使う

例えばあなたがネットショップを経営しているのなら、
動画でその内容や魅力を紹介することで、ショップページに誘導する。
といった使い方です。

僕のビジネスに置き換えて考えるのなら、
最終的にメルマガに登録してもらえるように誘導するための集客装置
という立ち位置になります。

コンテンツの1つとして利用する分には、YouTubeは非常に優秀な媒体です。

YouTubeに依存しないビジネスを確立する

上記の方法だと確かにYouTube自体では稼げていませんが、
YouTubeに依存することなく、着実な収入が見込めるようになります。

万が一YouTubeのアカウントが停止されても、
ブログやTwitter等の媒体も利用していれば、即集客経路が全滅という事もなくなります。

まとめ

  • アドセンスのみに頼るのは不安定
  • YouTubeは集客装置の一つとして活用する

この2つを意識し、YouTubeを活用すれば、
長期的に見れば安定性のある収入を得るための優秀なコンテンツとなります。

是非、コンテンツの一つとして取り入れてみてください!

それでは!

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA