動画を撮るための機材とツール

こんにちは。 ろしおです。

今回は動画を撮るために必要な機材とツールについての解説となります。
ここで紹介するものを手に入れれば、
晴れてYouTubeで動画を上げることができます。

動画撮影っていうといろいろと準備するものがありそうなイメージですが、
実際は最低限のものならそんなに多くありません。
なので、ご安心していただければなと思います。


はじめに

動画キャプチャ

今回紹介する機材・ツールを揃えて撮れる動画が
キャプチャ」動画となります。

パソコンの画面を録画するものだと思っていただければOKです。
更に音声を付ければYouTubeにあげる動画となります。

動画を撮れるPCか確認

下記で紹介する動画編集ツールですが、ある程度のスペックを求められます。

そのため、
公式サイトの必要スペックのページを参考にするか、
無料お試し期間で実際に使ってみて判断してください。

そこを確認せずにツールを買ってしまうとただの出費になってしまうので注意です。

必要なものは2つだけ

冒頭でもお伝えした通り、最低限動画をあげるためだけなら
準備するものは少なく、

  • マイク
  • 動画編集ツール

以上2点あればOKです。
それでは早速、それぞれについて解説していきます。

マイクの選ぶ基準

USBタイプ

マイクを選ぶときはUSBタイプをおすすめします。
理由は単純でこちらの方が音質が良いからです。

端末によってはUSBの差込口が無いこともあるので、確認の上ご購入下さい。
その場合は従来のジャックに差し込むタイプでOKです。

2,000円前後のものでOK

音質は良いに越したことはありませんが、こだわりの世界になってくるので、
最初のうちは2,000円前後のもので大丈夫です。
※もちろん安すぎると音質悪くなるので注意です。

ちなみに僕が動画撮影で使っているマイクが
USBタイプ1,800円で購入したものになります。
マイク選びのご参考程度にどうぞ。

録画ツール

録画ツールについて録画と録音別々でもいいのですが、
手間を考え録画・録音・編集オールインのものをおすすめしています。

これから動画をどんどん撮っていきたい人は特にその方が良いです。
僕自身が使っている有料のものと、
とりあえず無料で使えるものを1種類ずつご紹介いたします。

Camtasia

こちら僕も愛用しているツールで、
価格は2020年1月現在で28,560円と安くはありませんが、
払い切りのタイプなのでそのお金さえ払えば後は自由に使えます。

(有名な編集ツールでADOBE PREMIERE というものがありますが、
 こちらは月額になります)

ノイズ除去・字幕・アニメーション効果など
編集できる内容も豊富で使いやすいためおすすめです。

とりあえず編集のしやすさを体感したいのなら、
30日間のお試し期間を使ってみてから購入を決めるのも良いかもしれません。
※お試し期間で作った動画はYouTubeにあげるとブランドロゴの透かしが入ります

Debut

どうしてもお金をかけられないけど便利なのがいい…
そんな方にはDebutというツールが存在します。

こちら性能面はCamtasiaと比べても遜色がありません。
ですが、無料でYouTubeにあげられるのは最初の一度だけです。

裏技的にアンインストールしてダウンロードし直せば使い続けることはできますが、
かなり手間はかかるので早めに有料版に移行するか、
Camtasiaなどを購入することをおすすめします。

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA