WordPressパーマリンク設定【最初にすべき設定】

こんにちは。 ろしおです。

パーマリンクとは簡単に言うと記事ごとのURLとなります。
この記事で言うと「https://roshio02.com/wp-permalink/」です。

そして今回の設定では末尾部分の「/wp-permalink/」(スラッグと言います)
こちらの表示設定の方法を解説していきます。

ちなみにこちらタイトルにもある通り、
最初に設定しておかないと、地味に面倒なことになります…。
記事本文にその理由も書いているので、是非ご覧ください。

パーマリンク設定をする理由

Googleが推奨するURLにするため

Googleは推奨するURLの構造を明確にしています。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。
論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)
URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。

シンプルな URL 構造を維持する

以上のように、

  • サイトのURLをシンプルにする
  • 論理的かつ人間が理解できる

の2点を押さえる事がGoogleの検索順位を上げる方法となります。
デフォルトの設定ではこの条件を満たせていないため、
設定を変更する必要があります。

設定の変更は初期にすべき理由

パーマリンクの表示設定を変えると、「既存の記事のURL」も変わります。
そのため、過去に無料レポートに貼り付けたリンクや、
記事内に貼り付けた参考記事のリンクが切れてしまいます。

もちろん、後からリダイレクト(自動で新しいURLに飛ぶ)設定はできますが、
記事が増えれば増えるほど非常に手間となるため、最初のうちにやってしまいましょう。


ちなみに僕はこの記事を書く前に知ったため、面倒な作業をしていました 笑
皆さんはくれぐれもご注意ください!

パーマリンク表示設定

では、実際にパーマリンクの表示設定を変更していきましょう。

左メニューから「設定」→「パーマリンク設定」をクリック。

パーマリンクの設定画面が表示されます。
6つ選択肢がありますが、一番シンプルな表示になる「投稿名」を選択します。
選択出来たら「変更を保存」をクリック。

以上で設定完了です。

ちなみに僕は最初この設定に気付かずに、「日付と投稿名」になっていました。
どれぐらい違うかと言うと↓

  • 日付と投稿名
    https://roshio02.com/2020/02/16/wp-permalink/
  • 投稿名
    https://roshio02.com/wp-permalink/

見比べてみるとより今の方がスッキリ見えますね。

パーマリンクの変更方法

上記の基本設定でhttps://ドメイン/投稿名/となりましたが、
この投稿名の部分が日本語のままだと非常に長いURLとなってしまいます。

そこで、以下に記事毎の設定方法を解説します。

パーマリンクを編集できるまでの過程ですが、

  1. 記事のタイトルを入力する
  2. 「下書きとして保存」をクリック
  3. タイトルのブロックをクリックするとパーマリンクが表示される。
    ※この時タイトルと同じ表示になっている
  4. 「編集」をクリックするとURLを変更できる。

編集画面では日本語のまま表示されていますが、
アドレスバーにコピーしたものを貼り付けてみると
/%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e6%8a%95%e7%a8%bf/
テスト」という3文字ですらこのような表示になってしまいます。

今回はテストをそのまま英語表記に変更しました。
日本語のタイトルにした場合はGoogle翻訳などで英語にしておくと
このように非常にスッキリとしたURLとなります。

パーマリンクは記事毎に違うので、
新しい記事を更新するたびに編集する癖をつけておきましょう。

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA