WordPress初心者でも簡単バックアップ! 「UpdraftPlus」の使い方。

こんにちは。 ろしおです。

パソコンでの作業は色々ありますが、
共通して言えるのは「バックアップ」は取るべきという事です。

しかし、やり始めてすぐの段階では
バックアップの方法もそれを復元する方法もよく分からないと思います。

そこで今回は、
WordPressのバックアップを簡単にできるプラグインの紹介をしていきます。

「UpdraftPlus」を使って簡単バックアップ!

UpdraftPlusとは非常に簡単な操作で、
WordPressのバックアップを取ってくれるプラグインです。

  • ワンタッチでバックアップ可能
  • 復元も、もちろんワンタッチ
  • 外部サーバーへのバックアップも簡単設定

これらの強みがあるため特に初心者の方におすすめですね!

プラグインの新規追加で「UpdraftPlus」と入力し、
以下のプラグインをインストールしてください。

プラグインのインストール~有効化の方法は以下の記事に解説があります。

基本的な使い方

バックアップと復元方法

まず初めに、バックアップ方法と復元方法を解説していきます。

WordPress管理画面の左メニュー「設定」→「UpdraftPlus Backups」をクリック。

今すぐバックアップ」をクリックすると以下の画像が表示されます。

基本的にチェックはそのままでOKです。
今すぐバックアップ」をクリックすればバックアップファイルを作成します。

以上でバックアップは完了です。

上記画像、赤枠の部分が追加されていればOKです。
そのまま復元方法も解説しますが、「操作」欄の「復元」ボタンをクリック。

するとこのような画面が出てきます。
復元する項目を右の5つから選べますが、基本的には全てチェックでOKです。

後は「次へ」をクリックし指示に従えば復元完了です。

自動でバックアップする方法

ここまでは手動でバックアップを取る方法を解説しましたが、
それだけだと、忘れてしまった時に手痛い目に合うため、
自動でバックアップを取る設定もしておきましょう。

上部メニューから「設定」をクリックしてください。
すると、バックアップスケジュールを選択することができます。

  • ファイル→テーマ・プラグイン・画像など
  • データベース→記事やそこについたコメントなど

と、なります。
ちなみに僕はファイルを1週間データベースを1日間に設定しています。
選択したらページ下部の「変更を保存」をクリックしてください。


ちなみにこの方法でバックアップを取った場合は、
あなたが契約しているサーバー(さくらサーバーやエックスサーバー等)に保存されます。

  • サーバー容量がかつかつ
  • データが飛ぶと心配だから別のサーバーに保存したい

以上のような理由があるなら、
以下に解説している外部ストレージ(別サーバー)への保存方法を参考にしてみてください。

外部ストレージ(別サーバー)への保存方法

今回は僕自身がかねてから愛用している「Google Drive」を使います。
まずはその理由から解説していきますね。

Google Driveで使う理由

無料で使えるオンラインストレージサービスは代表的なもので、
Google Drive」「DropBox」「OneDrive」などがありますが、
今回Google Driveを選んだ理由として、無料で使える容量の差があります。

  • Google Drive:15GB
  • DropBox:2GB
  • OneDrive:15GB

これだけ見ると、OneDriveでも良さそうなのですが、
OneDriveにバックアップする場合はアドオンを追加(つまり有料)する必要があります。

そのため、Google Driveを使っていこうと思います。
(DropBoxの有料版を使っているのならそちらでも全然OKですが)

外部ストレージの設定方法

  • 上部メニューから「設定」をクリック。
  • 保存先を選択から任意のサービスを選択(今回はGoogle Drive)

するとこのような表示がされます。
赤枠で囲ったリンクをクリックしてください。

まずは左側の画像が表示されるので「許可」をクリック。

次に任意のグーグルアカウントの選択をします。

このようなオレンジ色の英語が書かれたページに移動します。
青枠の「Complete setup」をクリックしてください。
そうするとWordPressの管理画面に戻ります。

成功:GoogleDriveアカウントを認証しました」と表示されている事を確認したら、
設定」をクリックしてください。

先ほど選択したように、GoogleDriveをクリックすると、
「あなたは既に認証されるようです」と怪しい日本語が表示されています 笑
これが表示されていればOKなので、ページ下部の「変更を保存」をクリック。

「今すぐバックアップ」をクリックして、
このバックアップをリモートストレージに送信」が追加されて入ればOKです。
試しに今すぐバックアップしてみると…

このように対象のアイコンが表示されています。
一応最後にGoogleDriveの方も確認してみると…

このように「UpdraftPlus」というフォルダが追加されています。
(復元方法は契約サーバーの時と変わりありません。)


以上が簡単にWordPressのバックアップをする方法でした!
一度設定さえすれば後は自動でバックアップを取ってくれるので、
覚えることが多い初心者には大助かりかと思います(^^)

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA