Table of Contents Plusで目次を作ろう!

こんにちは。 ろしおです。

ブログ記事の読みやすさは色々な要素から成り立っていますが、
その中でも目次をつけるのは非常に効果的です。

今回は、目次を自動で作ってくれるプラグイン、
Table of Contents Plus(テーブル・オブ・コンテンツ・プラス)
の使い方を解説していきます。

Table of Contents Plus とは

Table of Contents Plusとは見出し(H1~H6)を元に、
目次を自動で生成してくれる便利なプラグインです。

そのため、見出しを全く使っていない記事では
目次を作ることができないため、その点だけご注意ください。

プラグインのインストール方法については以下の記事を参考にしてください。

Table of Contents Plusで検索してください。

上記をインストールしてください。

Table of Contents Plus 設定

そのままでも使えますが、設定を変更してより見やすい目次にしましょう。

設定」→「TOC+」をクリック。

目次の表示設定(基本部分)

基本設定」から必要最低限のものを設定していきます。

  • 表示条件
    デフォルトでは4つ以上になっているため、
    必要に応じて設定を変更しておきましょう。
  • 以下のコンテンツタイプを自動挿入
    色々書いてありますが
    post=投稿ページ」「page=固定ページ」と、覚えておけば十分です。
    post」にチェックを入れましょう。
  • 見出しテキスト
    目次のタイトルを変更できます。
  • スムーズ・スクロール効果を有効化
    目次をクリックした時にスクロールで移動するようになります。
    自分が今ページのどこに飛んだのか分かり易いので、
    こだわりが無ければチェックしておきましょう。

後はプレゼンテーションから好きなデザインを選び、
設定を更新」をクリックすればOKです。

上級者向け設定

上記の基本設定だけでも十分ですが、
もう少し詳しく設定したい場合は、
上級者向けの「(表示)」をクリックしてください。

こちらも色々と設定できますが、取り合えず2項目覚えれば大丈夫です。

  • 見出しレベル
    目次の対象となる見出しレベルを設定できます。
    僕はH1~H3までを対象としています。
  • スムーズ・スクロール上部余白
    上部に固定メニューバーがある時は数値を変えておきましょう。
    30のままだと見出しが被ってしまい表示されなくなります。
    見出しも含めた表示の方が、読みやすいため設定しておくと良いです。
    ちなみに僕は100pxに設定してあります。

最後に「設定の更新」をクリックします。
以上でプラグインの設定が完了しました。

実際に表示されている確認をしよう

Table of Contents Plusで作成された目次は投稿編集画面では見られません。
プレビューで確認してみましょう。

左側が投稿編集画面で、右側がプレビュー画面です。
このように表示されていれば問題なしです。

目次のあるなしではぱっと見の印象もかなり違います。
このように簡単に設定できるので是非、導入してみてください(^^)

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA