ストックタイプとフロータイプから見る集客手段

こんにちは。 ろしおです。

ネットビジネスとダイレクトレスポンスマーケティングは
非常に相性の良い組み合わせです。

集客・教育・販売の3ステップのうち、
教育販売はあらかじめステップメールやセールスレターを作れば
後は自動で利益をもたらしてくれます。

しかし、集客だけはプラットフォームの変化などが原因で
完全に自動化させることは難しいです。

ただし、その中でも限りなく自動化に近づける事ができるものと、
いつまで経っても自分が動かなければならないものが存在します。


大きな違いは「ストックタイプ」か「フロータイプ」であるという事。
今回は、その両タイプの集客手段の特徴を解説していきます。

ストックタイプとフロータイプとは?

集客手段の解説の前に、
ストックタイプとフロータイプについて解説をしていきます。

ストックタイプとは

ストックとは英語で蓄えるを意味します。
ビジネスで考えた場合、
仕組みやインフラを作ることで継続的に収益が入る状態ですね。

身近なところで言うとスポーツジムなどがあります。
仕組みづくりや顧客獲得に時間や労力がかかる一方で、
安定的な収益が見込めます。

フロータイプとは

フローとは英語で流れるを意味します。
その名の通りどんどん流れていく形態で

例えばコンビニやスーパーなんかは、
お客さんが来る→商品を買う→店を出ていく
基本はこの繰り返し(流れ)です。

その都度、お客さんを獲得する必要があるため
ストックタイプと比べ安定的な収益は見込めませんが、
かわりに利益が発生するまでの時間は早いのが特徴です。

集客手段

実業で解説しましたが、ネットで使える主な集客手段も、
それぞれどちらのタイプか振り分けることができます。

ストックタイプ

  • ブログ
  • YouTube

いわゆる「資産型」と呼ばれる集客装置ですね。

記事や動画を投稿すればするほどストックされていきます。
後は気になった人が投稿されたものを閲覧するため
自動に近い形で集客を行う事が出来ます。

ここをしっかり作り込めば自動的な集客が可能となります。
その一方で育てるのに時間が掛かるため、
初期段階ではほとんど効果を得ることができません。

フロータイプ

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

主にSNSがこのタイプに当たりますね。
いずれもタイムラインなので次々に情報が更新されてゆき
自分が発信した情報もどんどん「流れて」ゆきます。

そのため基本的には常に発信を続けていないと
顧客の獲得をすることが難しいです。


その代わりブログやYouTubeと違い、距離感が近いため
コミュニケーションの取りやすさから
比較的早い段階から集客効果が見込めます。

結局どっちが良いの?

自動化できないのならフロータイプはする意味ないじゃん!
と、思われる方も居るかもしれませんが、

ストックタイプのみをやっているとメルマガの配信までの時間がかかり、
成功までの時間が圧倒的に遅くなってしまいます。

そのため、まず最初はTwitterなどのSNS集客から始めて、
最終的にはブログなどの資産型の集客手段をメインにする。

そういったステップが良いかなと思います。

そうする事で、段々と自動化させることができ、
空いた時間で更に仕組みを強化したり、
自分の好きな事に使えるようになります。

レポートスタンドは??

僕が初期段階のメインの集客手段として
無料レポートスタンドのメルぞうを利用していますが、
こちらも基本的にはタイムラインのため「フロータイプ」に属します。

ですが、メルぞうの場合はお金がかかる代わりに、
協賛システムや、号外メールなどの機能を利用することで、
比較的はやい段階から半自動で集客を行う事が出来ます。


詳しい方法に関しては以下の記事にまとめてあります↓

ネットビジネスをするのなら、「自動化」は外せません。
ぜひ、今回の記事を参考に、計画的な集客手段を選んでください(^^)

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA