情報発信では自己開示が超重要

こんにちは。 ろしおです。

情報発信ビジネスでは自己開示が超重要とされています。
なぜなら、情報発信において一番の売りになるのはあなた自身だからです。

とは言え、自分を知ってもらうために、
年表のようなものをただ書くだけでは
なかなか興味は持ってもらえません。


そこで今回は自己開示がどのように重要であるかと、
自己開示をすべきポイントをお伝えしますね!

なぜ、自己開示が重要なのか

まず、なぜ自己開示が重要なのかという点ですが、
これには経済の変遷が関わってきます。

時代が変わるにつれ、様々なものも変わってゆきますが、
ビジネスにおいても、それは変わり有りません。


では、具体的にどのような流れなのかというと、

  1. 評価経済
  2. 信用経済
  3. キャラ経済

こういった形になります。


まず、評価経済とは、「数字」が重要な要素でした。

例えば、YouTubeの登録者数とか、Twitterのフォロワー数とか、
多ければ多いほど、注目されお金にも繋がりやすかったんです。

しかし、数だけを追い求め、
10万人登録者がいるけど、動画は1万再生しかされないなど、
実態を伴っていない人たちが多く出てきました。


そこで次に重要となるのが「信用」です。

上記の例で言うのなら、
登録者は1万人しかいなくとも、再生数も1万は超えているなど、
ちゃんと中身が伴ってる人が注目され始めました。

ぱっと見で分かる外側(数字)ではなく、
肝心の中身で判断されるようになってきたんですね。
ちゃんと正しい事を伝えているかなどが重視されています。


しかし、今度は正しい事を言う人が増えてきて、
右を見ても左を見ても同じことを言う人しかいなくなってきます。

正しい事を伝えているので、
本質的な部分をバッサリ変える事ができないため、
差別化が難しくなってきてしまったわけです。

そこで次に重要となってくるのが「キャラクター」です。
伝える情報以上に、伝えている人が鍵になってきます。

ただ、正しい事を伝えるのではなく、
発信者自身の経験を織り交ぜる事で、
共感やファンになってもらうといった流れですね。


そして、自分の経験を織り交ぜるという事は、
自分の過去を公開する事になります。

そのため、情報発信ビジネスでは、
自己開示をすることが重要になってきます。

自己開示のポイント

自己開示でまず最初にパッと思い浮かぶのは
「プロフィール」ではないでしょうか?

実際、ブログ記事やツイートを見ていて興味を持ったら
すぐにメルマガやLINEに登録するよりも、
まずはプロフィールでその人自身の情報を確かめる人は多いと思います。


情報自体は役立つことでも、
その人自身がよく分からない人だったら
あまり密接な関係にはなりたくないですしね。


なので、プロフィールは気合を入れて書く必要があります。
ですが、ここで勘違いしてはいけないのは
自己開示が重要なのであって、
年表を書いても意味がないという事です。



例えば、僕は何年生まれで、どこ出身で、学校はここを卒業して…
なんて事が書かれていても地元が一緒とかでもない限り
興味は持てる要素ってそうそうありません。

では何を意識してプロフィールを書くべきかと言うと、

  • あなたの人生の大きな出来事
  • その出来事で気付いたこと学んだこと

この二つを意識して、あなたの価値観を伝える必要があります。
僕の場合なら引きこもりのきっかけとなった話と
そこで学んだことから情報発信に価値を見いだせた気付きなどですね。


他にも人生の中で大きなイベントはいくつかあると思いますが、
それを繋げてストーリーになるようにすれば、
読みやすくなるうえに、あなたの価値観を伝えられて、
読者さんが興味を持ってくれやすくなるというわけです。



プロフィールでは特に意識すべきですが、
これは普段のブログ記事やメルマガでも同様の事が言えます。
役立つ情報を伝えるにしても、

自分はこういう経験があってこの考え方が大切と感じています
みたいな感じで伝えると、あなたの価値観がだんだんと浸透し、
しっかり読み続けてくれたり、成果に繋がるようになります。

自己開示はここでも重要

ビジネスで成功している人はメンターやコミュニティなど
人から教われる環境を作りますし、実際に重要な事です。

このメンターなどを選ぶときの基準ですが、
実績などの表側の数字だけでなく、
自分の事をどれだけさらけ出せるかも重要となります。


情報発信をするのに自己開示が重要と言いましたが、
自分の人生のどの部分が読者の興味に繋がりやすいかなど
自分一人ではなかなか判断がつかないと思います。


そのため、読者さんに自己開示する前に、
まずはメンターに自己開示し、
どこが使えるかなど相談する必要があります。

最終的には公開しない情報まで伝えることになるため、
そういう意味では最も自己開示が必要な相手とも言えますね。


また単純に、自身の進捗状況など、
思ったよりも作業できずに上手くいかなかったときでも、
正確に伝えなければ正しいアドバイスはもらえません。


ですが、少しでも相談しづらいなこの人と思ってしまうと、
自己開示するのが難しくなり、
その結果、成果につながる情報発信が難しくなります。



そのため教わる環境を選ぶときは、
スカイプ通話など実際に話せる機会は必ず活用しましょう。
僕がメンターを決めた時も、スカイプ通話が決め手でした。

まとめ

このように情報発信では

  • 読者相手(コンテンツ)
  • 教わる相手(メンターやコミュニティ)

主にこの2点において自己開示が重要となっていきます。


確かに最初は自己開示するのは怖いと思いますが、
結果として自分の価値観に共感してくれる人が集まるようになるので、
普通では考えられない程、良い環境でビジネスができますよ!


皆さんもぜひ、自己開示して情報発信をしていきましょう!
ちなみに僕の自己開示はこちらのプロフィールを見てみてください↓

何かしらの参考になれば幸いです(^^)

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

情報発信では自己開示が超重要” に対して2件のコメントがあります。

  1. アサ より:

    ろしおさんこんにちは! アサです。

    この ~自己開示が超重要 の記事と リンク先の(長ーいw)プロフィール
    見させていただきました。なんてゆうか
    すっごい よかったです。 うまくいえないですが
    気迫が伝わってきます。

    …とくに印象的だったのは 
    中学生のとき 泣かせてしまった女子生徒のエピソード…
    これ めちゃくちゃいい話し… 顛末はあれですが、
    読んでいる人に 刺さる エピソードですね!(マネしたいw)

    その後の NPOの就労支援セミナー、
    なかなか正社員になれなかった件 も
    読んでいて 引きこまれました。

    なんてゆうか、焦りますw 自分もやらなければ、と。

    …その調子でがんばってください m(_ _)m

    私も 自分の動画レポートとか作らなきゃいけなくて
    時間ないのに 中途半端なコメントしてしまいました w

    では また

    1. ろしお より:

      アサさん

      コメントありがとうございます(^^)

      中学時代のエピソードは、
      リアルの方でも限られた人にしか話していないので、
      公開するにあたり少し緊張がありましたが、
      好反応を得られてホッとしました。

      僕の方も、またレポートを更新するので、
      お時間ある時にぜひ、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA