集中力を維持できる時間管理術「ポモドーロテクニック」

こんにちは。 ろしおです。

ビジネスを成功させるためには、当然作業も必要となります。
となれば作業を効率よく片づけられれば
それだけ成功へと近づけますね。

ただ、それは分かっていても、
中々、集中力が持続できずにすぐに脱線してしまうことありませんか?

実は僕もその口で、集中力がホントに続かない人間です。
(医者に「君は集中力無いよ」と指摘されるレベル)

そんな中、何かないかなと探していた時に、
ポモドーロテクニック」と呼ばれるノウハウを取り入れたら
効果をとても強く感じたので皆さんにもご紹介したいと思います。

ポモドーロテクニックとは?

ポモドーロテクニックとは、
1980年代に当時大学生だったイタリア人が開発した時間管理術で、
キッチンタイマーを使用したテクニックとなります。

この時に使用されていたタイマーがトマト型だったため、
イタリア語でトマトの意味を意味する「ポモドーロ」が名付けられました。

具体的な手順は以下の通り。

  1. 25分間タスクを実行する
  2. 5分間の休憩を入れる
  3. 1~2を1サイクルとし4回繰り返す
  4. 4回目で15分間~30分間の長めの休憩を入れる

後はこれを繰り返すだけです。

方法も至ってシンプルで取り入れるのも簡単ですが、
これが驚くほど効果あります。
僕のように集中力に自信のない人には特におすすめできますね!

実際に実践してみて

僕が実際にこのテクニックを使ってみて、
効果ありと思ったものとちょっと微妙と思ったものがあったので、
以下にその2パターンを解説します。

〇単純作業

単純作業は非常に効果が感じやすかったです。

僕自身の実例を挙げると、メルカリを利用しているのですが
出品作業(写真撮影・服のサイズ計測)や梱包作業など
単純作業はとても快適に実践できました。

理由としては単純作業なら作業途中で休憩に入ってしまっても、
休憩後の作業再開はスムーズに行えた
ことが大きいです。

△クリエイティブな作業

こちらは具体的にどういった作業をしていたかというと、
レポートの作成やブログ記事の作成などがクリエイティブな作業にあたります。

こういった作業ではむしろ良いところで切られてしまう事が多かった印象です。
その状態で休憩後作業に戻ろうとしてもすぐに「良い状態」に戻るのが難しかったんですよね。

なので、僕自身はクリエイティブな作業をしているときは使わないようにしています。

ただ、ここからが×ではなく△にした理由なのですが、
ネットで調べてみたところクリエイティブな作業でも効率化できたという意見もよく見かけます。
なので、自分で一度試してみて判断していただければと思います

ここで一つ注意点なのですが、ポモドーロテクニックを使わないと決めても
最初に「何時間作業する」と言った時間は設定してください。
でないと結局ダラダラと作業してしまうので。

簡単に実践するためのツール

冒頭で説明したテクニックの由来通り、
ポモドーロテクニックはタイマーを使う必要があります。
これをわざわざ毎回セットし直すのは面倒ですよね…。

そこで、ポモドーロテクニックを簡単に実践するための
便利ツールがあるので最後に紹介したいと思います。

その名は「Focus To-Do」と呼ばれるツールです。
(リンク先からダウンロードできます)

こちらはワンタッチで操作できるので
簡単にポモドーロテクニックを使いこなせるようになります。


使い方は以下の記事にまとめました↓

今日の解説は以上となります。
めんどくさい時間計測もFocus To-Doを使えば解決するので
是非、実践してみてください!

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA