「悩む」よりも「考える」! あなたの人生を無駄にしないために。

こんにちは。 ろしおです。

何事においても成功する確率を上げるのに「考える」事は重要ですが、
それが一歩間違えて「悩む」になってしまうと
逆に成功から遠ざかってしまいます。

そもそも「考える」と「悩む」の違いとは何なのか?
悩まないためにはどうすればいいのか?
今回はそれらを解説していきます。

「考える」と「悩む」の違い

「考える」と「悩む」言葉にすれば何となく違いがあるのだろうと思いますが、
実際にどういう違いがあるのかは分かりづらいですよね。
まずはその違いから理解し、悩むから考えるにシフトしていきましょう。

考える

まず最初に「考える」とは、

  • 目標を決め、そこに向かうためのプロセスを組む事

ということになります。
自分が辿り着く場所がしっかり固まっていて、
そこに到達するために率先して問題解決や糸口を見つけ出す行為です。

頭の中に浮かんでいるものが変化していれば
それは「考える」という行為だと思ってください。

悩む

次に「悩む」とはどういうことかと言うと、

  • 目標が定かでなく、その場に留まっている状態

考えるとは違い、そもそも自分がどこに向かっているのか、
もし目標が決まっていたとしても、
どう進めばいいのかをしっかりと模索できていない状態です。

頭の中に浮かんでいるものがいつまで経っても変化しないのなら
それは「悩む」行為と思っていいでしょう。

2つの違いは

以上の事を踏まえて、2つの違いを表すのなら

  • 考える=その場から進んでいる
  • 悩む=その場でぐるぐるしている(立ち止まっている)

このようになります。
自分が成長したいとか、成功したいと思っているのなら
考えることが重要であるという事がよく分かりますね。

悩まないためにすべき事

そもそも、人が悩むとはどういう状況でしょうか?
それはズバリ「答え」を知っているかどうかです。
これは「知識・情報」と置き換えてもいいでしょう。

よくされる勘違いでアイディアは何もない所から
突然降ってくると思う人がいますが、
知識を蓄えた上で頭の中で情報が整理され、閃くものです。

悩むだけの人の中には同じ勘違いをされていて、
何も調べなくとも、解決の糸口が見つかるものだと
思い込んでしまっている人もいます。

そうではなく、今の自分は「情報不足」であるという事実を受け止め
何が原因か調べたり、解決するためにはどのような事をすべきなのか
一つ一つ自分にとって必要な知識を蓄えていってください。

そうすれば、「悩み留まる」状態から「考え進む」状態にシフトしていきます。

自分が今止まっていると感じる時は、良質なインプットをして、
確実に進めるようにしていきたいですね(^^)

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA