Google XML Sitemapsでサイトマップを自動送信しよう

こんにちは。 ろしおです。

検索エンジンに正しい情報を拾ってもらうためには
サイトマップ」というものを作る必要があります。

しかし、サイトの更新をするたびに、サイトマップも更新したり、
そもそも、サイトマップを自分で作ること自体が結構な手間です。

そこで、今回はサイトマップを自動で作ってくれるプラグインを紹介します。

Google XML Sitemaps とは

Google XML SitemapsとはWordPressサイトの
サイトマップを自動で作成・通知してくれるプラグインです。

特徴としては

  • Googleの規定に準拠したサイトマップを自動作成
  • サイトマップ作成後、自動で検索エンジンに通知
  • そのため専門的な知識が不要

などがあります。

WordPressでサイト運営をするのなら必須プラグインの1つですが、
最初のうちはどんな働きがあるのかよく分からないかと思います。
なので最初は検索されやすくなるためのプラグインという認識でOKです。

インストール方法はこちらの記事を参考にしてください。

Google XML Sitemapsと検索してください。

上記画像のプラグインをインストールしてください。

Google XML Sitemaps 設定

基本設定

設定」→「XML-Sitemap」をクリック。

基本的な設定」では赤枠に囲まれた3つにチェックを入れましょう。
この3つは非常に重要なので漏れが無いように注意してください。

投稿の優先順位」は「優先順位を自動的に計算しない」を選択しましょう。
後述する、「優先順位」の設定が可能となります。

サイトマップ登録コンテンツ設定

サイトマップを作成するときに登録されるコンテンツを選択できます。
基本的には「ホームページ」「投稿」「固定」「カテゴリー」「最終更新時刻」の5つにチェックを入れます。

今度は逆に、登録したくないコンテンツを選択できます。
検索されたくないコンテンツが無い場合設定は不要です。

投稿頻度・優先順位設定

更新頻度の設定をしてください。
絶対にこの通りに更新しなくてはいけないわけではありませんが、
実情に合った更新頻度を選択しておきましょう。

検索エンジンに通知するための優先順位を設定できます。
更新頻度の設定内容と似通った優先度にしておくと良いです。

以上で設定が完了となります。

このような表示になっていればOKです。
あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL
はコピーしておいてください。この後の作業で使います。

これで自動でサイトマップを作成してくれるようになりました。

Google Search Console にサイトマップを追加する

最後に、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)
にサイトマップを追加しましょう。

Google Search Consoleの登録方法は以下の記事を参考にしてください。

  1. サイトマップ」をクリック。
  2. 先ほどコピーしたサイトマップのURLを入力。
  3. 送信」をクリック。
  4. 送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」になればOKです。

ここまでやるとより早く、Googleにサイトの更新を通知することができます。

ちょっとした手間で検索されやすくなるので、是非実践してみてください!

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA