「何からすべき?」を解決する

何をすべきか分かり、最短で収益化できた方法とは?

詳しくはこちらをクリック

一般人がファンを得るためにすべきコンテンツの作り方3つのポイント

Twitter
ろしお
ろしお

こんにちは。 ろしおです。
詳しいプロフィールはこちら

情報発信で安定的に稼ぎたい場合、
自分のファンになってもらう必要があります。


表面的な「実績」「キャリア」だけでなく、
内面的な「発信の中身」や「人柄」を好きになってくれれば、

  • メルマガやブログ等のコンテンツの感想
    (求めたアクションに対して即行動してくれる)
  • 周りに口コミをしてくれる
  • あなたがおすすめした商品の購入

これらのアクションを起こしてくれやすくなるためです。

あなたの事を好きでやっている行動なので、
一方的ではないお互いにとって良い関係になれるのも大きいですね。


「一般人の自分なんかにファンなんてつくの?」

なんて不安に思う方も居ると思いますが、
ちゃんと要点を押さえて発信すれば、
必ずあなたのファンになってくれる人はいます。


この記事ではファンに必要な要素の解説と、
ファンになってくれる3つのポイントを解説しています。

ファンに必要な2つの要素

早速、解説するとファンに必要な要素は
「尊敬」と「共感」です。
この両方が揃って初めて上記のような理想の状態となります。

①尊敬
尊敬を得るためには主に、
「お役立ち情報」「相手の悩みを解決する情報」
「専門的な知識(を噛み砕いて発信する)」

これらを発信する事により得ることができます。

また、読者さんがそうしたお役立ち情報を元に行動し、
実際に成果を得られるなどして成功体験があれば一気に尊敬度がUPします。

②共感
共感されるためには、

「自分のプライベートな話を盛り込む」
「プロフィールをしっかり作り込む」


などの自己開示があげられます。

自分過去の話や趣味・地元の話など、
自身の発信テーマに関連付けして発信する事で、
ただの凄い人から、親近感や人間味を感じられるようになります。


この事については以下の記事に詳しく解説しているので、
気になる方はこちらもご参考にどうぞ。

ファン化するための3つのポイント

ファンに必要な要素の基本的な部分が分かったところで、
ここからはより具体的にファンになってもらうための
3つのポイントを押さえたコンテンツの作り方を解説します。

相手を否定・批判しない

基本的に人は自分の事を否定や批判されたくありません。

「そんな事分かってるよ」なんて思うかもしれませんが、
1つ落とし穴があり、直接相手を否定するような発言でなくても、
正論だけをただ並べられてしまうと
それだけでも否定や批判されてると思われてしまいます。


特に真面目な人ほど「正しい事伝えなきゃ!」と力んでしまい
このような落とし穴にはまり易いです。


じゃあ、正しい事を伝える方法は?というと
一番良い方法は「自己開示」となります。

あなたの経験や失敗談を混ぜることで、
読み手の方も自分について否定された気持ちになりませんし、
どう正しいのかがイメージもしやすいです。



逆に相手を肯定する内容はとても良いので、
相手のポテンシャルを見つけたり、
将来への希望に繋がるような肯定をすると良いです。


例えば、情報発信をしたいけど
自分のこれまでの経験(経歴)に自信のない人に対して、

「その経験は一見するとマイナスに見えますが、
 こういう見せ方をするとプラスに働きますね!」


みたいに伝えられれば、
自分の可能性を見つけてくれるってとても嬉しいし、
この人についていきたいって思えますよね。

正しいだけでは最良の結果は得られません。
自分の弱みや経験を出しつつ、
相手の強みを見つける事がファン化に繋がります。

共通の仮想敵の存在

「敵」というと怖いイメージありますが、
特定の人物や団体を指すわけではありませんのでご安心を 笑

例えばダイエットしてる人にとっては糖質が敵だし、
受験勉強してる人にはゲームは敵ですよね?


そうした同じ目標に向かう中での共通の仮想敵を見つけ出し、
発信の中でその倒し方や突破するための発言をするって感じですね。

例えば僕の場合で言うと、ストレスなく生きていたいので
「将来への不安」「AIに仕事を取られる不安」辺りが仮想敵で
それらを回避するための方法を発信しています。


このように共通の敵を作る事で仲間意識ができ、
一緒に進んでいきたいなと思って貰えるようになります。

イメージのしやすさだけを優先し、
特定の人物を敵にしてしまうと逆にあなたの敵を増やす事になります。
あくまで仲間意識を芽生えさせるものとして仮想敵を利用しましょう。

気持ちの代弁をする

人は自分の気持ちを理解してくれてる人を信用します。
特にマイナス面を代弁してくれると一気に信用度UPします。


例えば自由になりたいけど何も行動を起こせない人に対して、

「行動できないのは
 会社での忙しさやストレスが大きいからですよね。
 頑張れないのは自分だけのせいじゃ無いです。」


みたいに行動できない事を責めるのではなく、
不安の原因を明言して気持ちを理解している事を伝えます。


それだけではその人が変わる切っ掛けが無くなってしまうので、

「そうした中で大きな行動は難しいかも知れませんが、
 これまで辛い会社勤務に耐えてきたあなたなら
 自由になるために小さな事から始めるくらい行けますよ!」


みたいにポテンシャルを見出しつつ、
行動につなげられるように伝えられればベストですね。

気持ちの代弁と行動のキッカケをセットで伝えましょう。
それが共感と尊敬の元となり、あなたのファンに繋がっていきます。

ファンに必要な2つと3つ

今回の記事ではファンに必要なポイントをお伝えしました。
ファンになるためには「尊敬」と「共感」が必要であり、
それらの要素を獲得するためには、

  • 相手を否定しない(肯定する)
  • 共通の仮想敵の存在
  • 気持ちを代弁する

これら3つのポイントを押さえコンテンツを作りましょう。

ぜひ多くの濃いファンを獲得して、
読者と良い関係を築いていきましょう!

Twitter YouTube ブログ メルマガ 無料レポート
ゼロから始める人生の歩き方

コメント