ドリームキラーは身近に潜む… あなたの夢を成就させるためにはどうするべきか?

こんにちは。 ろしおです。

このブログを読んでくださる人達は
ネットビジネスで成功したい人達だと思います。
ようは、大きな夢や目標を持っているという事ですね。

そして、夢を叶えるためにやるべき事って少ないですが、
それに比べて辞めれる理由って非常に多いですよね。

今回はその中でも代表的な一つでもある
ドリームキラー」について解説していきます。

ドリームキラーとは?

ドリームキラーとは読んで字のごとく、
あなたの夢や目標を邪魔する人たちの事です。

そんな物騒な肩書の人自分の周りにはいないよ??
と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、
実はドリームキラーの正体ってとても身近な人達なのです。

家族・友人・恋人などなど、貴方の事を想ってくれる人ほどなりやすいです。
僕の場合、恋愛や仕事の悩みなど数々の人生相談をしてきた人が正に
ドリームキラーだったため、結構きつかったです。

では何故、そういった事が起きやすいかと言うと
大きな夢を持っても叶わなかったときが悲惨だと心配してくれてるわけです。

心配してくれること自体はありがたいですし、
自分の事を大切に想ってくれているとわかるため、つい、耳を傾けてしまいそうになります。

ですが、自分の人生を切り開けるのは自分だけです。
一番は自分が後悔のしない選択をするという事ですね。

あなたができる対応策

僕はネットビジネスで成功する!と決意して今も行動していますが、
それでも信頼してた人から否定的な意見を貰った時は結構ショックで、
作業スピードが落ちてしまった時期があります。

そのような状態にはなるべくなりたくはありませんよね?
そのための対応策を3つほど解説します。

結果が出るまで周りに言わない

これが一番の方法だと思います。
どんな物事でもそうなのですが、結果さえ出してしまえば
周りの人も認めざるを得なくなります。

僕が勉強のために読んでいるメルマガの筆者さんも
最初は散々に言われたけど結果を出したらコロッと評価が変わった
と、言っていました。

一人でひっそりと始められる環境にいる方は、
周りに言いたい気持ちは分かりますが、黙っておくほうがベターですね。

期限付きで提案する

家庭を持っていたり、実家暮らしであったり、
環境的にどうしても相談しなければならない時は
期限を設ける」事をおすすめします。

夢を叶える必要性を唱えるよりも全然効果あります。

例えば僕の場合なら
半年以内に以前の職場の給料越えなければやめる
という制限付きでやっています。

また、この制限を設ける行為は自分の行動の起爆剤にもなるので、
一石二鳥の手として非常におススメです。

知識のある人に相談する

環境的に誰にも言わなくてもいいんだけど、どうしても誰かに相談したい…。
そう思っている方は身近な人ではなく、「知識のある人」に相談しましょう。

冒頭のドリームキラーになってしまう人の特徴の一つとして、
あなたが目指す夢について(僕の場合ならネットビジネス)
の知識が無い事も主な原因の一つです。


人は知らない事に対してネガティブな感情を持ちやすいためですね。

知識のある人の代表としては、「メンター」が居ます。
夢を形にするためのロジカルな部分の答えを得るのには一番最適ですね。

いきなりメンターが難しいのなら、
例えば通っている美容院の店長さんなどはおすすめです。
経営者思考」である事が多いので、否定せずに聞いてくれたりしますよ!

僕の場合はたまたま知り合いにコンビニのエリアマネージャーの方がいて
何か話したいときはその人に聞いてもらってりしています。

まとめ

ドリームキラーはどんな人にでも
身近に存在することが分かりましたね。

対応策としては3つあり

  • 結果が出るまで周りに言わない
  • 期限付きで提案する
  • 知識のある人に相談する

以上です。
自分の決断を第一に行動することを心がけましょう。

また、冒頭でもお伝えしている通り、
あなたの夢を否定する人はあなたの事を大切に想っている場合が多いです。
夢を否定されたからと蔑ろにはしないように注意しましょう。

せっかく結果を出せても、関係が悪化したままでは残念ですしね。

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA