時間の無駄遣いを防ぐ練習法

こんにちは。 ろしおです。

キリの良いところまで終わらせる
これは一見正しいことのように思いますが、
実は時間の無駄遣いをしてしまう原因になってしまいます。

なぜならタスクを終わらせることにばかり意識がいってしまい、
効率的な時間の使い方を考えなくなってしまうからです。

そこで今回は時間を効率的に使うための方法を解説します。

今すぐできる効率的な時間の使い方

時間を効率的に使うための方法は至ってシンプルです。

最初に決めた時間内に終わらなくても切り上げる

たったこれだけです。

例えばブログ記事を16:00~17:00まで書くと決めたら
「後は最後のまとめを書くだけ」と言った中途半端な状況でも
必ず一旦やめるようにしてください。


普段ならここで「あと少しだから!」みたいな感じで、
時間をオーバーしても「キリが良い所まで」やろうとしてしまいますが、
これに慣れてしまうと、時間の使い方は一向に上達しません。

なぜなら、時間内に終わらせられなかったことよりも、
タスクを終わらせられた達成感の方が強くなり、
なぜ時間内に終わらせられなかったのか考えなくなるからです。


逆に、物凄く中途半端なところで切られると
なぜ、時間内に終わらせられなかったのかな??」と
強制的に考えやすい状況になります。

もしかしたら現実的な時間配分でなかったかもしれないし、
実は余分なタスクが多かっただけかもしれません。

ちなみに僕は余分なタスクが多かった人で、
記事に使う画像は常に新しいものを検索したり、
細かな言い回しを何回も修正したりなどなど…

「こりゃ、時間内に終わらないわけだ…!」と
一人でショックを受けたりしました 笑


この方法を何回も繰り返すことで、
「キリの良い所まで終わらせる」という意識から
「時間内にタスクを終わらせる」という意識に変わって行きます。


そうすれば次第に時間内にタスクを終わらせられる
効率的な時間の使い方が身についているでしょう。

「キリが悪い」の意外なメリット

上記で解説した方法を実践すると、
最初のうちはほぼ「キリが悪い」状態になると思います。
そのため逆に非効率になるんじゃないか?と思うかもしれませんが、

実は中途半端なところで作業を中断すると
気持ち悪さが残ったり、早く続きがやりたいと言う状態になります。

そうすると、別のことをやってる間も頭のどこかで
何で終わらせられなかったんだろう? 次はこうしてみるか!
みたいな感じで自然とその作業について考えます。



これで再開した時に最初から効率よく作業できますし、
次回以降の作業を改善していくことができます。

逆に新しいタスクから始めるとこの効果は得られなくなり、
また時間内にタスク終わらせるのが困難になります。


なので、「時間超過してでもキリのいいところまでやる」と言うのは
実は一番、時間の無駄遣いをしてしまっていると言えます。

時間の使い方はビジネスだけでなく、
あなた自身にとっても重要なスキルとなります。
これを機会にぜひレベルアップしていきましょう(^^)

無料オンラインコミュニティのご案内

ここまでご覧いただきありがとうございました。
もし、もっと詳しく知りたいよという方は、
僕が運営している無料オンラインコミュニティにぜひ、ご参加ください(^^)


コミュニティ内では0→1を突破することで、
自身のスキルをレベルアップし、
すべき事から解放され、したい事を増やするための方法を
メール講座でお伝えしています。


また、コミュニティ参加者特典として、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、ゲットしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA