【読まれない理由の9割はこれ!】記事が読まれない原因は中身ではなく興味付けが足りないから

こんにちは。 ろしおです。


「頑張って作ったコンテンツなのに、
 自分のは全然、見てもらえない…」

そんな悩み持っていませんか?


情報発信ビジネスをするうえで、
ブログやレポートなどのコンテンツが読まれなければ、
その先にある成果には繋がりません。


ということは、一番最初に意識すべきは
「読まれる事」更に言うのなら
「興味を持ってもらう事」です。


今回はどうすればあなたのコンテンツに興味を持ってもらえるか
その点をお伝えしていきますね(^^)

無関心→興味にフォーカス

コピーライティングの世界では
「3つのnot」という言葉があります。

  • ノットリード(読まない)
  • ノットビリーブ(信じない)
  • ノットアクト(行動しない)

多くの人は、文章を読んでくれないし、
読んでくれたとしてもその情報を信じなかったり、
信じても行動にまで移さない。

いくら役立つ情報を伝えようとしても、
この3つの壁を越えなければ、
成果につながる事はありませんよって事ですね。


中でも今回注目すべきは「ノットリード」です。
そもそも、なぜコンテンツを読んでくれないかという事ですが、
これは単純に「興味・関心がない」からです。


コンテンツの内容を吟味しようとはしても、
どう興味・関心を持ってもらえるかを軽んじて、
結局、読まれないというパターンは非常に多いです。

では、何を気を付ければよいのか?
というお話ですが…

中身よりも前にここを意識せよ!

まずは中身よりも外見を意識してください。
情報発信で言うと、「タイトル」ですね。

この部分を意識するのと全く意識しないのでは、
大げさでなく9割ほどの差が出ると言えます。



例えば、美味しい店を探そうと思った時に、
ネットで調べれば店内の様子や実際の料理の画像など、
すぐに見つけることができます。


そうした状況の中
うちは味だけで勝負だ!」といって
見た目には全く拘らず、

光の加減も角度もでたらめな料理の写真を使えば、
大幅なイメージダウンに繋がりますよね?


それなら綺麗な店内や、
美味しそうに見える写真が用意されたお店の方が
興味わくし、実際に行ってみたいと思います。


ここで重要なのが、この段階では、
実際に美味しいかどうかはほぼ影響しないという事です。



これと全く同じ状況が情報発信ビジネスでは
散見されるという事ですね。

つまり、コンテンツの中身(味)は重視するけど、
タイトル(写真)は軽視してしまい、
コンテンツを読んでくれない(店に入ってくれない)。


せっかく、頑張って作ったコンテンツも
人に見てもらえなければ意味がありません。

中身に拘るのは大切な事ですが、
それと同時にタイトルもしっかり作り込みましょう!

興味を持ってもらえる要素

ここまででタイトルの重要性は
ご理解いただけたかなと思います。


とは言え、闇雲に注目されようと思っても、
過激な表現になってしまい、
あなたのイメージダウンにつながりかねません。



そこで、ここからは
実際に興味を惹かれるためのポイントについて、
具体的に解説をしていきますね!

ここをしっかり理解できれば、
あなたのブログ記事や無料レポートの反応率は
驚くほど上がるはずです(^^)

ベネフィット

そもそもベネフィットって何?って事なのですが、
そのコンテンツ(商品)のメリットから得られる体験の事です。


例えば、筋トレに関する情報を発信する時なら

  • メリット
    短期間で下っ腹のたるみを無くし
    引き締まった体になれる
  • ベネフィット
    結婚式に招待されたのに礼服が着れなくて困っていたけど、
    この筋トレで何とか結婚式までに間に合う事ができた

こんな感じになるかなと思います。


もちろん、メリットだけでも
「自分の悩みを解決してくれそうかも?」
と思ってもらえるかもしれませんが、

ベネフィットを書くことで、
よりリアルに自分の悩みを解決するビジョンをイメージでき、
興味を持ってもらいやすくなります。


情報発信ビジネスではとにかく役立つ情報ばかり意識し、
そこから得られる体験(ストーリー)を軽視して
興味を持ってもらえないパターンが多いです。

ぜひ、ベネフィットを意識して、
興味を持ってもらえるようなタイトルを付けていきましょう!

【左詰め】注目ポイントは先頭に

SEO対策ではよく聞く左詰めですが、
その点を意識しなくても重要なポイントとなります。


なぜなら、人は横書きの文章なら必ず左から読むからです。
何を当たり前のことを、と思いますよね 笑

しかし、その基本的な習性を利用し、
一目でそのコンテンツの注目ポイントを伝えられれば、
高確率で興味を持ってもらえるわけですね。


特に無料レポートのタイトルは120字までと
比較的長めにアピールできるため、
最初の掴みはとても重要となります。


より具体的に言うと、
タイトルの左側に結論の一部を書いてしまうのも良いです。



この記事で言うと【読まれない理由の9割はこれ!】ですね。

結論の全てを書いてしまうと、長くなってしまったり、
具体的過ぎると「そんな事知ってるよ」と
読まれる可能性が低くなってしまいます。
(中身を見れば新たな発見があるとしても)

常識破壊・意外性

冒頭でもお伝えしましたが、
注目を集めたいからといって過激な表現を使うと、
あなた自身のイメージダウンに繋がりかねません。


しかし、実績が乏しい初期段階だと
工夫を凝らして興味を持ってもらう必要があります。

そこで、過激な表現は不要で、
興味を持ってもらうためのポイントがあります。


それが、「常識破壊・意外性」です。
その名の通り読者の常識とは違ったものを指します。


例えば、ターゲットが
人付き合いの苦手な主婦」だったとして、
ママ友と上手く付き合うことが平穏に暮らす唯一の方法
という常識を持っている場合なら、

ママ友と穏便に別れ、自由な時間を手に入れた方法
といった内容は完全な常識破壊ですよね?


それ以外に方法が無いと悩んでる人に向けて
それを正面から破壊されるような内容は
どうしたって興味をひいてしまいますよね?


常識破壊というとパッと見、過激に見えますが、
実はそんなことなく興味をひけるんですね。

まずは単語を出すところから

以上が興味を持ってもらいやすくするために
必要となるファクターとなります。

無理に全部の要素を詰め込む必要はありませんが、
これらを意識しタイトルを付けることができれば、
成果に繋げる難易度はかなり落ちます!

とは言え、いきなり文章ベースで考えても
なかなかタイトルが決まらないよと困る人もいると思います。

僕もビジネス始めたての頃はかなり苦労して、
メンターに何度も手直しを食らった経験があります 笑

慣れさえすれば、スルスル―とできるようになりますが、
そこに至るまでは以下の方法がおすすめです。


レポートの中身から関連する単語を書き出し、
その単語を上記のファクターに当てはまる形にしてから、
それをパズルのように組み立てる方法をおすすめします。


例えば、YouTubeの倍速方法のレポートを書くのなら、

  • 関連する単語
    YouTube、インプット効率、
    倍速、簡単、時短、音声学習
  • ベネフィット
    倍速再生を使い、インプット効率を2倍にし、
    アウトプットの時間を増やせる
  • 左詰めにするワード(常識破壊)
    たった3クリックで学習効率が2倍になる方法

といった感じで、
出そろったワードを組み合わせていきます。


無料レポートのタイトルとしてなら↓
【たった3クリックで学習効率が2倍に!?】YouTubeを使った音声学習は非常に効率よくインプットできますが、たったの3クリックの操作で更に倍も効率UPできるんです! 空いた時間はアウトプットに使えば成功速度も倍速できちゃいます!


ブログ記事のタイトルとしてなら↓
【たった3クリックで学習効率が2倍に!?】YouTubeを使いこなしインプットとアウトプットを効率化させよう!


これはあくまで一例ですが、
ただ単に「動画を倍速させる方法を解説」というよりも
興味は持たれやすそうですよね?

まとめ

というわけで今回はコンテンツが読まれるために

  • まずは興味付けが重要
  • そのためには中身ではなく外見が重要

といったお話をしてきました。
つまり、読まれる要因の9割はタイトルにあります。


そして、興味を持ってもらえるタイトルを付けるためには、

  • ベネフィット
  • 左詰め
  • 常識破壊・意外性

これらを意識する事で、
過激な表現は避けつつ、興味をひけるため、
ぜひ、実践してみてください(^^)


また今回の内容はあくまで
読まれる切っ掛け作りにフォーカスしたものです。

読み終えたり、読み続けてもらうためには
もちろん中身も伴っていなければ意味がないので、
もし中身も心配だよという方は以下の記事が参考になります↓

メルマガ登録フォーム

現在、登録特典付きのオンラインコミュニティ準備中です。


気になる特典内容は、
知識・経験・実績0に加えメンタルボロボロ状態から
メルマガで収益化を果たした方法を動画にしてお送りいたします(^^)


動画100本越えのボリュームで、小手先のノウハウだけでなく、
思考など本質的な部分も網羅した内容となります!

ぜひ、お楽しみにしていてください!


逸早く完成を知りたい方は下記のメルマガにご登録ください。
最速でお伝えいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA